LINEは非常に便利である反面、犯罪の温床となる要素も持っており、利用に注意が必要です。

LINEの利便性|ここまで普及した訳とは?

LINE

2011年6月にリリースされてから現在までに、
スマホを所持するユーザーのほとんどがLINEを利用しています。

 

家族や友人との連絡に使用されるのはもちろん、会社の会議で利用したり
上司と部下のコミュニケーションとしても使用されたりするほど、LINEは世間に普及しています。

 

 

ここまでLINEが普及したのはなぜでしょうか。

様々な要因が重なったことは間違いありません。
まずは電話帳と連携できるシステム性が優れていた点です。
電話帳にある人を友人として追加できるシステムは利便性が高く、積極的にLINEを使うきっかけになりました。

 

チャット

また、電話とメールの中間であるチャットも普及した要因ではないでしょうか。
電話はお互いの時間がかなり拘束されますし、メールはスムーズなコミュニケーションを行うには
メールが届くまでのタイムラグが煩わしく感じるものです。
しかし、ほぼリアルタイムでやり取りできるLINEのチャットは、
いつでもどこでも気軽にコミュニケーションできる最適なツールだったと言えます。

 

 

 

LINEスタンプもこれに大きく貢献しました。
きもかわいいスタンプでチャットするのは、テキストとは違った華やかさがあります。
このように若い女性向けに特化していたのも良かった点でしょう。
女性に受け入れられたことで、その友達の友達へと広がっていき、ここまで普及するに至ったのでしょう。

 

 

 

通話イメージ

さらに無料で通話できるという宣伝も普及の一因になったでしょう。
パケット通信を利用したインターネット電話で、パケット通信の定額サービスに加入していれば電話し放題です。

 

電話代が3万、4万とかかる人にとっては無料というポイントは非常に魅力的だったはずです。
料金を気にせず無制限に電話できるサービスがLINEの強みでしょう。

 

 

 

チャット機能も無料通話も、日常で使えるツールです。
従来の日常系のツールはシステム面だけがきれいに整えられていましたが
LINEは見た目も可愛く、スタンプなどのエンターテイメント性がありました。
チャット以外の機能も充実しているのです。

 

つまり日常のツールを楽しくすることに成功したのです。
同じようなシステムであれば楽しくないより楽しいツールを使うのは必然と言えます。

 

めんどうな登録手続きが必要ないのもLINEユーザーを増やすのに貢献しています。
複雑な機能を用意せず、分かりやすいインターフェイスと快適な操作性でユーザーを定着させていきました。

 

 

 

まだまだ普及に貢献したであろう機能があります。

グループチャット

グループチャットです。
複数人でグループを作りチャットするのは、メールではできなかったコミュニケーションを実現しました。
この機能は友人同士の会話だけでなく、会社で打ち合わせに使用することもできます。
IT系のベンチャー企業では、LINEは欠かせない存在となっているでしょう。

 

また、LINEのような新しいコミュニケーションツールが増えたことにより、
出会い系の業界にも変化が起こりました。
LINEと連動した出会い系アプリや、LINEと同じようなチャットをリアルタイムに女の子とできるようなサイトも急速に普及していきました。ライブチャット比較サイトを見ていただければおわかりのように、その数やバリエーションは今もなお増え続けています。

 

 

 

LINEゲームの存在も無視できません。
リリース直後は基本機能だけでしたが、しばらくしてゲームが追加されました。
無料で出来るゲームでアイテムを課金して買うタイプのものが多くリリースされ
これもLINEの普及と定着を加速させたと言えます。
同じゲームをしている人とはアイテムをプレゼントし合ったり、
まだゲームをしていない人はゲームに招待することができます。
ゲームの繋がりはLINEへの定着を高め、結果的にユーザー数を増やすことになったのです。

 

 

 

 

LINEが普及したのは1つの要因ではなく、複数の要因が重なったことです。
タイミングが良かったのもあるでしょう。
他の類似サービスがリリースされていたら、ここまで浸透しなかったかもしれません。

 

何はともあれ、現代の必須コミュニケーションツールとしてLINEは確固たる地位を確立しています。
この地位が揺らぐことは当分無いでしょう。それだけLINEは世間に浸透しているはずです。